すーぱー☆ふたり暮らし

なんちゃって主婦のてきとうな毎日と、ねこと旦那さんのことなど

すーぱー☆ふたり暮らし

すーぱー☆ふたり暮らし

主婦がはじめて自作PCを組んだ話 ~ その5:かかった金額

前回の記事を書いてからずいずん間が空いてしまいました。めんぼくない・・・。気を取り直して、今回わたしが購入したパーツ代をまとめてみました。

f:id:ichigo-necoko:20191215132837p:plain

自作PC パーツ一覧と価格

パーツ メーカー 商品名 価格(税込) 現在の価格
CPU AMD Ryzen5 3600 25,898 23,850
マザーボード MSI B450 GAMING PLUS MAX 11,242 10,761
グラフィックボード GIGABYTE GeForce RTX 2060 SUPER
(GV-N206SGAMING OC-8GC)
56,182 56,990
メモリ コルセア DDR4-2666MHz 8GB 2枚組
(CMK16GX4M2A2666C16R)
9,516 8,975
ストレージ Crucial Crucial P1 シリーズ M.2 SSD (500GB)
(CT500P1SSD8JP)
8,329 8,195
電源 コルセア RM650x [80PLUS GOLD] 11,580 11,980
ケース コルセア Carbide 275R Tempered Glass -White- 9,980 10,860
OS Microsoft Windows 10 Home 日本語版(USBメモリ) 16,557 16,000
    合計 149,284 147,611

増税前の駆け込み自作PCだったので、購入したのは去年の9月はじめ頃です。
戯れに今現在(20/5/22)の最安値を価格.comで調べてみましたが、思ってたより値段変わってなかったですね。

と思ったのですが…。

一番高かったグラフィックボードは当時56,000円くらいで購入しましたが、価格推移のグラフを見たら、昨年末いったん値下がりして5万円を切ってたときがあったみたいですね。年明けしばらくしてまた元に戻ったようですが。

タイミング・・・(´・ω・`)ショボン

ちなみにグラボに関しては、わたしが買ったのはファンが3つついたモデルだったんですが、 ファンふたつのモデルもあって、今見るとそっちは46,000円くらいまで値下がりしております。
「なんでそっちにしなかったんや・・・」って思ったんだけど、多分購入当時はファン3つと2つで価格差がそれほどなかったんだと思います。
今は1万円くらい価格差があるようで、いまなら絶対ファン2つの方買ってたと思います。

タイミング・・・(´・ω・`)ショボン

実際組んだPCを使ってみて

作る前は、取り付けにミスって部品壊したら…とか、なんかトラブルが起きたらどうしようとか色々不安なこともありました。 実際組み立てに関してはやったことないことばかりで戸惑うこともありましたが、組みあがったら実に快適で、余計なソフトも入ってないので気持ちよく使えます。

ゲームしようと思って作ったPCなので、いつもやってるマインクラフト というゲームに影modを入れてみました。
(影modをいれると、ゲームの世界を超リアルにきれいに表示してくれるのです)

f:id:ichigo-necoko:20200524151400p:plain

こんな風に見た目を変えて遊べます。雲とか水とかとてもリアルになります。

影modは色々種類があって、導入自体はどんなPCでもできますが、入れるとちょっとゲームが重くなってしまったりします。 前に使っていたノートPCだと、かなりカクカクしてしまって、あまり快適に遊べませんでした。 今回作ったPCで試してみるとだいぶ違いを感じます。これなら普通にプレイできます。

ただ、実際影MODを入れて遊んでいましたら、

酔うわ、これ

3D酔いが加速するようで、わたしには向いてないみたい。
結局スクショ用撮る時にしか影いれてません。。

意味なし。。

いやでも、ノートPCの時は入れたら重すぎて動かなくなっちゃったやつもちゃんと動作したからいいんだもん。(ザ・自己満足)

まとめ

トータルでかかった費用(9カ月ですけど)は149,284円。
パーツの選び方によってはもっと安く組むこともできたと思います。
(あとタイミング(´・ω・`)
ただはじめての自作なので、気に入ったパーツで組んで自己満足にひたるのもまた一興。

ということで、はじめての自作PC、9カ月間特に大きなトラブルもなく快適に使っております。 その後もちょいちょい手を入れているので、それについても今後また書いていきたいと思います。